立体化のリ・マージョンその八

今回で一応完成で~す、何か忘れてネエか?
とか言う時はお気兼ね無くお問い合わせ下さ~い

フロントカウルのステップリングを付けます、毎度の如く真鍮線を曲げて作ります、今回はアートナイフの軸を使って巻いてみました、そしてその巻いた奴をリングになる位置で切り離します、ニッパーの刃の向きで切断面は尖ったり平らになったりしますので使う部品は両切断面とも平らになるように切ってあげましょう、

あと、プラ用の高級ニッパーでこんな作業やったら刃がボロボロになってもったいないぞ!
画像

リングを少し開いてカウルの穴に通します、その後リングが閉じるように曲げ直して継ぎ目の部分がカウルの穴に隠れる所まで回して接着します、角度と左右方向への張り出し方にも注意、これを繰り返して出来上がり、
画像

フロントカウルをキャノンの砲身とマガジンの角に接着すれば完成です!

次にディスプレイ用のフックとベースの一例を紹介しておきます、
必ずこの限りでは無いので各自創意工夫の事で、

お手軽ピアノ線フック+鳥籠台、
ピアノ線をヘリモーに合わせて曲げて画像位のものを作れば付け外し簡単なバネ式フックの出来上がり、天井からひもを垂らしてその先にコレを付けるも良し、画像のように鳥籠を吊る台に付けるも良しです、ちなみに画像の鳥籠台はホームセンターで千円しません、代わりにチョッとしょぼい、
画像

ベースは少々難しいです、強度が必要なので3㎜厚のアクリル板とか使いましたので今回の作例で使った道具では切り出す事すら略不可能でしょう、なので参考で!
画像


っつー訳で完成です、次回以降の更新予定は未定ですが定期的にチェックはするのでご意見ご質問はお気兼ね無くドゾ、でわでわ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック