ウム!物書きさんの文章は一味違うな

ボクが紹介するまでも無く既に知っているだろうがそれでも紹介しておこう
http://www.k2.dion.ne.jp/~aki-kan/index.htm
最近一気に見て超大作認定をされたようだ、だよね!
ある程度物事を判断できる人には面白いよね、たいして見もせずにイメージだけで決め付ける人とは違うよね、と、思いたい、少なくともボクは一生もって行くと言い切っておく

ちなみに今まで見た作品で掛け値無しに一生もって行きますと言い切ったのはダグラムなボクです、シムーンと、ダグラム一見かけ離れているように見えるが実は相当似ているとも言っておこう、二重太陽や重いテーマ、朽ち果てたアルプーと朽ちダグ、片方の性別のキャラばっかり出る、など類似点も満載だ!

しかしどちらにも言えるのはアニメーションなのに絵よりも話の面白さに魅了される点だ、
シムーンは絵的な魅力も多い作品ではあるが“ハーモニー”と言われる出崎演出や作画監督が代わると別作品のようになる等、最近流行のシナ製作画アレンジとは一線を隔す演出が目立ちとても絵で売ろうという気は感じられない、

同様にダグラムも当時はそんな物だったのだろうが絵的には果てし無く酷い物だし、ロボット物の筈なのにロボットである必要はこれっぽっちも無い、それどころか局地戦では足の生えた戦車の方が毎回有利である(デザート&ブリザードガンナー参照)、それどころか主役機をピンチにおとしいれる強敵を落とし穴で歩兵が倒す演出には痺れんばかりである

ダグラムの話をしはじめたら製作サポート記事五~六回分位ざらに書きそうなのでひとまず切るが、話を理解するつもりで見ればダグラムとシムーンはとてつもなく面白い作品だと言える

監督のとりあえず誰か殺しとく?で殺られるマミーナとフェスタがかぶりすぎて泣ける・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック