立体化のリ・マージョンその三

作例では飛行状態で作りますのでリアカウルとテールは繋いでしまいます、
角度合わせに便利なのが積んだヘリモー、どう置けば角度が合うか一度見て確認したらパテで隙間を埋めます、使うパテの量は少ないのであまると思いますので余った分で別部品の気泡うめとか形の修正に使います、
画像

パテが硬化するまで暇つぶしにキャノンの下準備をします、
3㎜のドリルを用意します、3,2㎜とかでもいいです、先に言いますとこのキットは1.5㎜2㎜3.2㎜5㎜があると作業がはかどります、無くても刃物でえぐる方法で代用できたりしますが相当手馴れた人じゃないと失敗するので安モンのドリルセットを買うほうがいいでしょう、チャック(ピンバイス等)は今後も使うかどうかを検討して使わないなら後から説明する貧乏チャックで代用しましょう
画像

穴は全部3㎜(3.2㎜)です、バリや空気抜きの枝も切ってください、接着はまだしなくてもいいですが、してもいいです、隠れた所が塗れないだけで実質見えませんから
画像

この後ペーパー掛けとかしてたら固まってる頃なので背中と尻尾を一度分離します、
ムニュったパテの要らない部分を切り取って改めて瞬着で引っ付けますこれでガチガチのはずです
画像

こんな感じ、接着の時に多めに瞬着を流して隙間を埋めるパテ代わりにします、固まったらペーパー掛けしてならしますが、継ぎ目の部分がワザと分るようにしておいたほうが劇中の絵により近いです
画像

これまでにちょこちょこいじっていたから羽の中のフレームもある程度かたちになってると思いますので下穴を開けて真鍮線でU字の部品を作ったりしましょう
画像

穴のサイズは細い方が1.5㎜太い方が2㎜で開けています、どこが太くてどこが細いかは各部品がどこに付くかを見ればわかるのでかつあいします、写真に写っている真鍮線は巻きの物ですが、これは大量に使う予定のない人には無駄に多いので棒状の物を使われる事をお勧めします、

太さは、貴方のイメージで変えてもらって良いのですが一応参考までに、
画像

長さも貴方のお好みでドゾ、
画像

次は箱にも同梱した説明書にも載せていますクランクアーム部分ですが、5㎜の穴を開ける時に5㎜のドリルを挟めるチャックがホビー用では以外に無い上に電ドリではパワーがありすぎて危険なので先に書きました貧乏チャックの登場です!
画像

ビニテ巻きです、わかりやすく言うと粘着ビニールテープを軸に巻いて使います!
5㎜より細い奴でも同じ方法で一気に使いやすくなったりします、なお画像のように3㎜で下穴を開けてから5㎜を開けた方が良いでしょう、力のかけすぎでパーツを壊さなくて済みますし、

同じようにパイプフレームとの接合部も開けます、なお画像のカット位置は短すぎたので真似しないように、もう少し長くてちょうど良い
画像

繋ぐとこんな感じやね
画像

これも、説明書に載せていた分ですがノコでカットして根元の部品をつけて、微調整を加えてこうなればOKの図!最後のかたちになってもまだ接着しなくて良いですよ、むしろするな!
画像

機首スイングアームを差すと固定、抜くと分解って感じになっていれば仮組みしやすい
画像

尻尾の根元にいかにも開けて欲しそうにあいてる穴に5㎜を開けてあげてスイングアームを差せば、後はわかるな!って状態になる、まだ接着するなよ!
画像

今回はここまでで一旦終了、実際ここまで出来たら後は言わずともわかる人のほうが多いのではないでしょうか?、塗って繋いでヘリモーを無理矢理固定したら出来上がりですからな、

まあ、それでも一応最後までは記事を書くつもりですけどね、
今回はオマケ記事としてシムーン球についてのお話、
画像

キットに付いてるシムーン球はガッカリなキャストの塊ですが、実はこの部品ハンズ等で売ってる直径15㎜のアクリル球が元になっています、キャストの収縮変形の誤差にも関係無くすんなりはまるのでぜひ交換しちゃってください、接着不要ですはめればOK

他の写真は当日の展示品のヘリモー固定ジグとキャノンの裏です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック