立体化のリ・マージョン

アクセスカウンタ

zoom RSS 蘇る勤労(否・勇作)

<<   作成日時 : 2008/03/08 06:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

諸君、まずはこれを観て欲しい!
画像


あふれ出るヘリモー臭にむせ返らないか?

スバラシイ!ボクの行く先には必ずテンプスパティウムの存在を感じる!

まあ早い話が普通の仕事を再開したらその勤め先にコレがあって大喜びで写真を撮った次第である、直径2mオーバーのヘリカル機関、しかも回るんよ上に乗って回りながら動画を撮りたかったが、新人がイキナリ訳のワカラン撮影会を始めたら心象が悪いので今回は自重した、じき大暴走しても大丈夫になるからその頃になったらCDのジャケ絵みたいに二人で寝そべって撮影しようぜ!パル募集中だぜ。

鈴鹿サーキットの新型でんでんむしに乗りてえな、一話〜二話のアーさんの格好で、不審者で職務質問必至ナリ。

更新ついでにチョッと文・文
質問等に便利かと思ってつけたBBSですがそろそろ外そうかと思います、
次回更新と同時に外しちゃいますのでそのつもりでよろしゅう、

次に、モノ造りとお仕事について、

何かをやりたいと思った時に手軽に出来る事とそうでは無い事は往々にしてあるものですが、模型の原型製作と複製はそのモチーフにも由りますが手軽とは言い難い事だと思います、特に日々の生活との両立ともなると、その作業時間の取れなさっぷりと来たら絶望的とも言えます、そんな時にどう動くかでそのやりたい事の末路は大きく変わります、仕事も生活も今まで通り続けつつ“ソレ”をやるとなると非常に高いモチベーションの維持を要求されるでしょうし、モノによっては場所や設備も大掛かりになったりします、

加えてそのモチーフが時期的な要素も含んでいればタイムリミットまで発生します、
そうなった時にやりたい事と実生活とが天秤にかけられる訳です、ホトンドの場合実生活が勝るでしょうが、ボクの場合それまでの実生活にたいして充実感を感じていませんでしたし、学校を卒業してこの方仕事一辺倒で遊んだ覚えといえば仕事の中でお客さんと遊ぶという、どっちかって言えば仕事な事しかしていませんので、ソレを放棄するなどウーベル奪還特殊兵装のコンテナを切り離す位簡単な事です、

っで、その実シムーンを観る前からそれは既に実行していたのです、ここ重要な点です、シムーンを作りたいから辞めていたのでは無く、辞めていたからシムーンが作れた訳なんです、仕事をしていた時期はTV自体をろくに観ていなかったので今でも知らない作品だらけだし、そのまま仕事をしていたら間違いなくシムーンを観たり知ったりする事は無かったでしょう、

ただ義務的に働き続ける事に疑問を感じ、考えうる将来はつまらなさに溢れかえり、世の中には不穏な話しか聞かない中、贅沢さえしなければ飢えて死んだりしない環境が整っているのに寝る間を削ってまで使い道の無い金を稼ぐ行為に勤しむ…実にバカバカ(姉さんのバカ)しい話だ、自分の力でどこまで出来るかやれるうちにやっておこうと思い立ってボクはそれまで居た環境を捨てた、

それからは今までやりたかったが出来なかった事を次々と始めた、無職の癖に消費しまくって傍目にはダメ人間まっしぐらに見えたろうが誤解の無いように言っておく、社会保障の類は一切利用していないし全て自前で片付けているゾ!終盤は制作費不足から金になりそうな物をネットオークション等に出したりしたがあふれかえるガラクタが減って清々したわ!(しかしマダ在る・また増える)

そしてボク達は出会ってしまった…
昼間は何か作っていて夜は今まで出来なかったゲームをやったり深夜アニメの垂れ流しを観たりネットで世の中の呆れる出来事を見たり、以外と充実した生活だったりした訳だ、そんな中でネット上で開始早々酷い言われようのアニメがあった......、この後の下りはこのブログの始点に繋がるのでもう書かん。

っで、立体化が一息ついた所で、生活に支障をきたすほどに金銭的ピンチ☆なので勤労を再開した次第である、昨日今日の話ではなく結構前からの話だが写真のターンテーブルとの出会いで記事を書く気が起こったわけだ、

結果として今のボク程度の能力と思想では生計を立てる事も信念を貫くのも難しい事が証明され誰かに雇われていないと飯も食えない事が証明された、ココでまた誤解の無いようにあえて書くけど、シムーンのガレキで儲けようって気は元から無いのでココで書いてる生計を立てるってのは別の話ですよ、勘違いすんなよ、

ってな訳で、最近更新しなく製作も進まない影には圧倒的な時間不足から何もやってません!
と、いうイイワケがあるのですよ、所詮はイイワケですが。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
蘇る勤労(否・勇作) 立体化のリ・マージョン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる